救命具(きゅうめいぐ) PFD, Life Jacket, etc.

EncycROWpedia OZAWA ROWING
定義: 艇が沈(転覆,浸水)したり,漕手が落水したときのための,非常用の浮力体.きわめて単純な浮き輪,自動膨張式の浮き輪,自動膨張式のベストなどいくつかの種類がある.不意の事故に対処する目的では,体に常時装着するベスト型が好ましい.

議論: 艇自体が一般に有効な浮力体となり,「沈の際は艇から離れるな」という原則があり,また沈をした場合に(常時装着する自動膨張式のものを除き)救命具を膨らませることの困難性や有用性に対する議論もある.しかし救命具は,第三者を救助する用具としての可能性も大きく,やはり常に携帯し,安全対策の一つに加えるべきだろう.

使用上の注意: 定期的な点検を実施し,また搭載の場合に流失防止策(クリップやテープなどで艇に仮止めし,転覆しても流失させない措置)を講じること.救命具は,安全のための選択肢の一つに過ぎない.これで万全というものではなく,実際の非常時にどう対処するかはケースに応じて最善の方法をその都度見出さなければならない.

規則・規格・経緯: 日本ボート協会の「競漕規則」では,救命具を「競漕および練習中も装着すること」を義務付けている.特に規格・仕様上の指定はない.ただし日本ボート協会が企画した「制式」のタイプもある.救命具の装着義務化は,1980年代前半に死亡事故が毎年のように発生したために定められた.なお,2006年から,日本ボート協会では安全対策の整備拡充の一環として,安全ガイドラインを策定し,救命具の装着やその詳細は,水域および大会ごとに実状に合ったルール・要項に最適化することを目指し,競漕規則での救命具条項は削除する方向にある.これは国際競漕規則との共通化という狙いも含まれる.(2007.2.22)


EOF