ヘッド・オブ・ザ・リバーレース (head of the river race, head race)

EncycROWpedia OZAWA ROWING
ボートの競漕様式のひとつ.数10秒の時間間隔を開けて順番にスタートし,数kmの距離を競うタイムトライアルで,大抵は秋季(〜冬季)に小艇(特にシングルスカル)中心で行われる.
「ヘッド・オブ・ザ・リバー」とは,川の奥,源を意味し,もともとは「川の源流まで遡るようなレース」という意味に端を発しているのではないかとも想像できるが,もちろん,その川の「ヘッド;頭(かしら),主(ぬし)」を決めるレースという意味も多分に含まれているのだと思う.
国内では,ヘッド・オブ・ザ・セタ(瀬田漕艇倶楽部,瀬田川)を始め,いくつかのヘッドレースがあり,太田川BCのオータムレガッタも,(レガッタという名前であるが)様式はヘッドオブザレースである.(2007.2.22)
EOF