バウ・ウィング・リガー(bow wing-rigger)

EncycROWpedia OZAWA ROWING
リバースウィング,バックウィングと同義. ウィングリガーの様式のひとつで,バウ側(レールのバックストップ側)からオールロック位置に主桁(主翼)が伸びる構造のウィングリガー. オーソドックスなパイプリガー構造(3点式リガー等とも呼ばれる)から,最初にストレッチャー側から主桁(主翼)がオールロックに伸びるスターンウィングが登場したため,その逆ということでリバース・ウィング,バック・ウィングと呼ばれることに(背中側,見えない側からというニュアンスも伴う). ウィングリガーの利点は,逆風時の空気抵抗削減や,メインステイの省略によりコックピットの内部構造の整理でレール幅も広く取れることなど(小艇で有利),さらにバウ・ウィングの利点は,最もロウイング荷重の大きなキャッチ側で強度を出しやすいことなど.   (2015.8.30)

EOF