工具、計測器具

トップページに戻る

項番号2の1。 タイトルは「工具,計測器具」です。 時間は約5分,ファイルサイズは約8メガバイトです。
  ボートで使う工具や計測器具を説明します。 ボートの整備では、クルーが自分の工具を持ち、基本的な整備、調整を自分でできるようにすべきです。 基本的な工具としては、コンビネーションレンチ、ラチェットレンチ、プライヤー、六角レンチ、ドライバーなどがあります。
1. レンチ。
レンチとは、ボルトやナットを回す工具です。 スパナやモンキーレンチなどの総称です。 多くのタイプがあります。 基本の一本としては、コンビネーションレンチと呼ばれる、端が、メガネとオープンエンドになっているタイプが最適です。 サイズはボルトの頭の幅で呼び、よく使うのは十ミリ,十三ミリ,十七ミリ,十九ミリなどです。 もちての長めのものを各サイズ二本ずつ用意します。 ラチェットレンチもよく使われます。 もどす方向ではカラ回りするので、作業が速くなります。 よく使うのは、リガーボルトのところで、サイズは十ミリです。
2. プライヤー。
プライヤーは、物を強くはさむ工具で、いろいろなところに使います。 はさむもののサイズによって、ジョイントがスリップする機構を理解しておきましょう。
3. 六角レンチ。
六角穴のボルトヘッドを回すための工具で、よく使うのは4ミリ、5ミリ、6ミリです。 L字型が一般的ですが、T字型も使いやすいです。
4. ドライバー類。
いわゆる、ねじ回しです。 ドライバーにもたくさんのタイプ・サイズがありますが、基本としては、プラスは普通サイズの2番と,少し小さい1番,そしてマイナスの普通サイズが必要です。 グリップは太いものを選びましょう。
以上の工具については、目が不自由でも、手探りのなかで熟練していくことができるでしょう。
次に、計測器具の説明をします。 視覚障害者の自力でのリギングのためには、計測機器、艤装の工夫、リギング手法の開発が必要ですが、まだ完成されていません。 原理的には難しくないようにも思いますが、実際の工夫はこれからです。 ここでは、とりあえず、一般事項を記述しておきます。
リギングのための計測器具としては、ロウイング専用のものもありますが、ホームセンターで普通に売っているメジャー、水準器、傾斜計などを使います。 それらは、ある程度の視力が必要なものばかりです。 なお、水準器には、音で水平を知らせるタイプもあります。 視覚障害者用の「音声式巻尺」というのもあるようです。

1,メジャー,巻尺。
スイープのオールの全長が測れるように、4メートル以上のメジャー,巻尺を使用します。 スパンの計測がしやすいように、ストッパー付きで、中折れしにくい幅が広いものが適しています。
2,水準器。
水平を見る水準器は,気泡管が大きく、精密に測定しやすいものが適しています。 クラブでは長いものもあると便利ですが、個人用の基本の一本としては、レールに渡して水平を点検できるように、比較的短い、二十三センチ程度のものが良いでしょう。
3,傾斜計,スラントルール。
指針式のもののほとんどは、精度が出ず、リギングには使えません。 単純な気泡式の傾斜計が良いでしょう。 ロウイング専用のものもありますが、場合によってはかえって使いにくいこともあります。
なお、最近ではスマートホンのアプリケーションで、非常に使いやすいものもあります。 単純な形のスマートホンがあれば便利です。
以上で、工具、計測器具の説明を終わります。