ボートってお金がかかるのでは?

OZAWA ROWING update: 2007-03-04


ボートってとても高いって聴いたことがあります.ボートやオールを買ったり遠征とか,お金がかかるのでは?

と,いう不安を,私も最初は持っていました.もちろん,クラブでかかる費用は,同じボート部でも,学校によって違うでしょう.しかし,ほとんどケースでは,ボート部のボートやオールは,個人で買うものではなく,クラブの備品です.だから,ボートで個人が持つ道具というのは,テニスのラケットやサッカーボールほどもなく,身の回りの基本的なトレーニングウェアやユニフォームだけでしょう.もちろん,部費や合宿や遠征の費用などはクラブによって異なるので,実際のところを遠慮せず聴いてみることでしょう.高校や大学のクラブでは,ほぼ毎年同じ様なパターンで試合があるので,昨年の実経費をきちんと把握するとよくわかると思います.その上で,本気でやりたいとすれば,自分の活動費用の捻出を考えたり,節約する工夫を考えれば良いでしょう.アマチュアスポーツは,自分のお金でできることから楽しむのが基本です.いずれにしても,経済的理由でやりたいスポーツをあきらめるのはとてももったいない話です.

参考:私の関連する範囲で,具体的に言えば,M高校漕艇部では,2006年から,現役の遠征費用についてはOB会がほとんど支援する方向に切り替えました.(現役は,OBになってから,経済的に余裕ができたら,できる範囲で後輩の支援に回る,というシステムを確立しつつあります.)

補足:もちろん,艇の維持管理,更新にはばかにならない費用もかかりますが,それはクラブがそれぞれアタマをひねってがんばっているところであり,また伝統あるスポーツとして,OBが大きな支援をしているところもあるでしょう.ただ,その負担は現役学生が負わないよう,配慮がなされているはずです.ボートはお金持ちしかできないスポーツではなく,むしろ誰でもとり組めるスポーツです.


EOF